HOME>アーカイブ>どんな所に強みがあるのかを導入前に覚えておこう
トラックの模型

その強みをどんな場面で活かすか

街を走るトラックは、様々なパーツの組み合わせで出来ています。それらの組み合わせ次第でトラックの特性は変わってくるので、臨機応変に交換をする事が求められます。そんなトラックの車体を作り出すものの中の大事なパーツの一つが、アルミウィングです。荷台をアルミで囲う事により荷物を雨や粉塵、紫外線等から守るという目的と、開閉出来るパネルにより一挙に積み下ろしが出来るという2つの性質を持っています。さらに、アルミは軽いという特性を活かして少しでも重量物を運搬したいという場合にも便利です。その他、アルミウィングは中古品も比較的手に入りやすいという特徴もあり、コスト削減の際にも利用される事があります。

タイプも選ぶ事が出来ます

そんなアルミウィングは、2・4・10の3パターンの最大積載量のトラックに対応したものが世に出回っています。自社の保有するトラックの積載量ごとに選ぶ事が出来るため、使い分けも可能です。さらに、その中で表面に起伏が付いているアルミコルゲートと、起伏が少ないアルミフラットパネルというタイプがあります。特に、アルミフラットパネルの方は、広告掲載しながら街などを走行する、ラッピングトラックに使用する際に用いられる事が多いです。

ウィングの開き方による違いも

また、ウィング部分の開き方による違いもあります。まずは、開く方向や角度を適宜変化させる事が出来るフレキシブルオープンタイプです。開き方による積み荷の調整が容易になるため、アルミウィングの中で多くの企業のトラックに採用されているタイプになります。次に、片側の身が大きく開くターンオーバータイプがあります。このタイプは、クレーン等で積み荷を積載させる現場等が主な活躍の場所です。3つ目は、ウィングの開く部分を広くとる目的で天井を上昇させる事が出来る、上昇開閉タイプになります。天井を上昇させられるため、高さのある荷物を運ぶ時に重宝します。

広告募集中